俺的レビュー

人材派遣業界、イベント業界、パチスロ業界、広告代理業を経験。現在はフリーとしてとある界隈で活動中。

バカバカしい!私は部屋で休ませてもらう、は死亡フラグなのか

【スポンサーリンク】

Amazonプライムビデオでパニック/ミステリー映画をも漁っている俺です。

推理ものでよくあるセリフ。

 

「バカバカしい!私は部屋で休ませてもらう」

 

死亡フラグではない。と提言したい。
犯人はこの中にいる!状態で誰も信用できない!と言う状況であれば籠城も可能性の1つであると思う。
大抵はその後そいつが腹減って食料調達なりトイレなりコッソリ行動するときに殺られるのである。
したがって、下記の手順なら十分に生き残れるのではなかろうか

 

1.バカバカしい!私は部屋で休ませてもらうを発言
堂々と単独生活を宣言しましょう。

2.キッチンで食料なり武器なり調達
メンバーと協議し分け合いましょう。ここで奪い合いになったら犯人の出番無くなります。

3.メンバーとLINE交換
グループLINEもいいぞ!既読ついて返事のない奴が怪しいぞ!
でも既読スルーしたやつを仲間外れにするんじゃないぞ!クラス会で議題になるぞ!
犯人は犯人でマナーモードにしとけ!居場所バレるぞ!特にラストシーンでトリガーになるぞ!

4.じゃ、事件解決したらまた会おう!と宣言し離散
よく考えたらLINE通じるなら警察に通報でよかったな!
ブレーカー落とされたなら即座にそこに行けば真犯人と会えるぞ!

5.自室に籠城
長期間の引きこもりが予測されます。WiiFITで運動不足を解消しましょう。
こまめに換気し、窓越しでも構わないので日光を浴びましょう。

6.事件解決、そしてー
事件解決後は犯人には一瞥をくべてやりましょう。予めツバを溜めこんでおくのも良いでしょう。
あなたに必要なのは事件を引きずる事ではなく日常に戻る努力です。
でも引きずるも何もずっと部屋にこもってたからショッキングな出来事はなかったと思います。

 


ぶっちゃけ、大抵事件解決するのは単独行動した人物である。
こういう時は単独行動は危険だ、とは言うものの、チームプレイで犯人を倒すミステリー映画を見た事ない。

 

 

 

 

個人的にはホラーと言うかサスペンス映画は音量ミュートにして見ると真価が出ると思った。

ドン!とか効果音で誤魔化してる映画の多いこと多いこと…。