俺的レビュー

人材派遣業界、イベント業界、パチスロ業界、広告代理業を経験。現在はフリーとしてとある界隈で活動中。

L⇔Rってバンド昔いたよね

花火しかり、バーベキューしかり。
この時期は、ライターを使う機会は何かとあったのではないだろうか。
今回はそのライターの話。

…前置き。


2011年9月から実質的にPSCマークを有しない使い捨てライターの類は販売禁止となった。
ZIPPOなどの一部を除く。
子供の火遊びを防ぐ目的で、一定の安全性(レバーの硬さや着火困難性など)を持たないとダメってことになった。
モノを工夫することで大人の責任を回避するというダメな例。
消費者からすると糞どうでもいい制度である。

 

話はプリッと戻る。
現行で市販されているライターは大体こんな感じだ。

f:id:boboon:20170822201752j:plain
チャイルドロックって奴でさぁ。画像は拾い物。

 

チャイルドロック…。
Child Lock…。

 

 

該当箇所をムリヤリ拡大。

f:id:boboon:20170822201804j:plain
CR対応。
これじゃChild Rock(子供の岩)やんけ。

これスペル間違ってない?そう思って気になって調べた。
結果はRには正当な理由があった。
別に業者がLとRを間違ってシールを1億万枚印刷しちゃったとかそういう訳ではない。

 

 


チャイルドロック「子供が**するのを防ぐ」と言う一般的な名称。
車のウィンドウや部屋のドア、スマホのロック機能などがそれにあたる。

ライターに記載されたCRとは、
Child Resistance(チャイルド レジスタンス)
の略であり、「子供が簡単に**できないようにする」の意味である。
ライターの他には薬品の瓶などがこの呼び方らしい。へえ。

 

まぁね、うん。
見えないところで子供が事故起こすよりはいいよ、うん、しょうがない。
でもこの機構を搭載することでオイルが従来の半分くらいに減ったのはどうかと思う。

 

 

 

 

 

…それはともかく。

子供のリアル火事より、いい大人たちがやらかすネットの炎上の方があらゆる方面で心配だ。

【糞台】地獄少女

f:id:boboon:20170818211215j:plain

 

藤商事発。今度出る夜伽ではなく以前から出ていた方。
何と言うか、ゲーム性は非常に惜しい。
…のだが、所詮は初当たり確率と吸い込みがおおよそ変わらない、出玉のショボいハーデスであった。

 

------以下、ダメなところ------

ガリガリ削る準備中
突入リプレイ引くまでが長い長い。
後述のREG扱いである仕置きチャレンジはリアルボーナスである。
故に、ART中に仕置きチャレンジを引いて再開するART準備中で先の獲得枚数を下回るとかザラである。

 

仕置きチャレンジ
通常時、地獄少女絵柄が揃うと発動するREG。
8G間でレベルを上げていってARTを目指してね^^と言う仕様だがどーーーしよーーーもない。
レベルが上がる契機はレア役だが「ウッッッソだろお前www」と言いたくなる程上がらない。
8Gで強制終了する為、残り0Gでレア役を引いてレベル2になってもまるで意味がない。
レベル2はBAR揃い高確率と言っても押し順管理された5枚ベルの為に可視化されていなくて極めてうさんくさい。
と言うか残りG数が少ないとレベルが上がりやすい仕様としか思えない。
ちなみに。
どの解析サイトにも書かれていないが、REGは3枚役との重複がメイン。
ごく稀に仕置きチャレンジ当選時からレベル3のART確定状態からスタートする場合がある。
…が、それは本前兆中に仕置きチャレンジに当選しただけである。振分け勝ちしたわけではない。
レベル5(虹)は仕置きの刻が2つ確定。それ以上は 絶 対 に ストックしない引き損仕様。

 

前兆ゲーム数の嘘
大抵は筐体左上の役物がシャンシャンから起算する。
これも同様に解析サイトにも書かれていないが前兆G数は32Gではない。
葛藤の刻突入までが最大32Gである。
仮説であるが、地獄少女「基本G数解除+少しマップ解除」の仕様と推測している。
レア役を引いていないのにこれ前兆長すぎじゃね?上書き?と言いたくなるほどG数を引っ張られるケースが多々ある。 

 

演出の単調さ
本機のART当選は基本はゲーム数解除か仕置きチャレンジでの自力。
先述の通り、仕置きチャレンジ(REG)の重複は3枚役=スイカかチャンス目。
つまり、こいつら待ちとなるためビックリするくらい通常時がヒマ。
それを解消する為か、レア役と前兆中に赤文字を多用することで全ての信頼度が低下してしまっている。
レア役を引くと本当は高確率状態ではないが、とりあえず夕方の神社前には行く。酷い場合は5Gほどで通常ステージに戻る。

 

イラつきポイントの多い前兆
メリハリはなく、どことなくこういう演出出やすくなってます感がすごい。
赤文字出まくり→葛藤の刻→骨女止まり→期待薄演出→フェイク前兆おしまい^^ が多すぎる。
そもそも発展先のサーカス、ガス、チャラ男の3つは一律で期待度が低い。
発展先矛盾があるわけでもなく、こんなに用意する必要はなかった。
アリア程ではないが微妙な作りのあいちゃん人形は、少しスイーと動き仕事の支度はするものの、恥ずかしがり屋なのかスグ引っ込む。
あ、あと一目連はあらゆるところで仕事をしないのでいっそ出てこなくていい。
バーーーカ。

 

+10Gの出し惜しみ
1/546で成立する強チェリー引いても+10G。セコイ!
高確率状態で引いても特化ゾーンへは32.8%。
すなわちざっくり確率1/1500で特化。バーーーカ。

 

仕置きの刻
劣化ジャッジメント
大概な確率のレア役引いて1G延命はひどすぎる。バーーーカ。

 

引き戻しゾーン
めちゃくちゃクリックを躊躇する。こっちの方が葛藤の刻として適切。
何を引いても復帰しないので押し順リプをわざと間違えて転落した方が効率よいと思える程度。

 

絶望的なゲーム数解除振分け
おおよそ滞在する事となる【通常A】は40%で、【通常B】は25%で天井(970G+前兆)を選択する。
じゃぁ天国が強いかと言うと全くそんなことはない。
加えて恐ろしいことに970Gを超えて当選した仕置きチャレンジでARTが当選してしまうとストックしてくれない。


じゃぁ何を引けばよいのか
ロングフリーズか、ART中にBAR揃いする強い中段チェリーか、BBAで揃えるしかない。

 

 

 

 

 

 

おわりに。
閻魔あいちゃんは悪くない。悪いのはあくまで藤商事の開発だ。

http://jigoku.ouliu.net/

f:id:boboon:20170818211206j:plain

と地獄通信へ入力したくなる。そういう台。

広告を非表示にする

ニコニコ動画プレミアムを今月末でもう1回辞める(誓い)

遡るとβ版時代から使っているアカウント。
実はこれまでプレミアムを辞めたり再加入したりと繰り返ししていた。

 

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1708/10/news088.html

 

このニュースの通りプレミアム会員がメチャクチャ減少しているらしいので、
いっそ流行に乗って俺も再び(出来るなら永遠に)今月末で辞めてしまおうと思っている。
言わずもがな、顧客を蔑ろにしたUIに始まり、公式含む番組の減少、マーケティングの場と化したランキング、などなど。
ここ最近は特にニコニコ動画の劣化が輪を掛けているのだ。
と言うか若干プレミアム会員であることが恥ずかしくなっている。

既に色んなところでニコニコ動画の問題は言及されているので俺は一言で…。


あらゆる意味でマイナスをゼロにしているだけのプレミアム会員。


月540円払うなら、別のことに使う。お高いシャンプーにするとかね。

 

 

 

 

 

来年には超会議ならぬ小会議をどっかの市民体育館とかでやってそう。

はーしーたーなーいー

下卑た話題ではあるが、不倫疑惑のあるタレントUについて。
今Uは舞台の名古屋公演真っ最中である。 
微力ながらエンタメ業界に関わっている俺としては現場の状況に察しが付く。


まず、観劇に慣れていない方へ幾つか予備知識を説明していこう。
業界のタブーもちょろっと書いていると思う。

 


役について
通常、1つの役に対し1人が担う。要は替えが効かない。予備はいない。ダミープラグもない。
つまり、キャストが不在であったらその役に穴が空き台本が進まず劇が成立しない。
一方で「Wキャスト」と言う専門用語がある。
これは1つの役を複数が担う事。例えば昼の部はAさん、夜の部はBさんと言った具合。
Wキャストを用いられる理由はリスクヘッジか、チケット売上が倍になる算段か、起用者の趣向のどれか。


出演者の降板について
常識的には、降板とは「リカバリーが利く」状態を指す。
ここには、キャスティングのし直し・台本読み合わせ・稽古・リハーサルなどを含める。
リカバリーの利かない状態で、出演しないのは興行そのものをぶち壊している事であり、観客・共演者・関係者に迷惑を掛けるだけである。
評価の低下だけでなく、損害賠償請求もされる。
故に多くの客が劇場に足を運び、事務所などから尽力されている中で仕事を吹っ飛ばす事はできないのだ。
(もちろん不慮の事故などはやむを得ないが、身体が資本の職の人は常日頃ケガやトラブルの無いようピリピリした状態である)


稽古、調整について
本番2~3ヶ月前から始動が多い。
メンツにもよるが出演者全員はなかなか揃わないし、少しずつ進めていくのが通例。
先日のWキャストである場合、同じシーンに対し2倍時間を費やす事になる。
音合わせや照明合わせなんかは現地で調整。前日か下手すれば当日と言うのがほとんど。


劇場について
所詮は場所貸しビジネスであり、借りれば借りる程料金はかさむ。
公演日だけでなく、機材搬入やセット造り、バラシ(いわゆる撤去撤収作業)を勘案して数日借りる事になる。
公演初日、夜の部1回しかなかったりするのは実は直前まで調整が多い為。


キャスティングについて
以下の二つどちらかしかない。
演出家の趣味指向
 or
大人の事情(事務所や関係者からの売り込み)
である。


カーテンコールについて
劇が一通り終わって出演者(関係者)の挨拶。
日程で一番最後の部の千秋楽と言われるカーテンコールは比較的長い。
糞💩みたいなメンツや糞💩みたいな台本でも「最高のメンバーで無事この日を迎える事ができました」と言うのが慣例。

 

 

つらつらと書いてしまったが。
要は【真実はともかく】何があっても出演せざるを得ないのだ。
舞台?芝居?劇?知ったこっちゃねーよと言うマインドで臨む観客に包まれた共演者関係者を気の毒に思う。

 

 

 

とは言え、共演者に被害者側の小川菜摘=不倫騒動のあった浜田の嫁がいるから現場は表現しがたい空気だろうと思う。

上を向いて歩けてるんだろうか。
 

 

アンケートモニター登録

【糞台】シーマスター ~ララ、旅立ちのプレリュード~

ポセイドン
ジャッジメント
ビンゴ

V


上記のワードをすべて網羅した1台の糞台がある。

 

 

f:id:boboon:20170812143910j:plain

山佐 シーマスター ~ララ、旅立ちのプレリュード~

一昔前の台であるが、リクエスト台に並んでお目にかかるかも知れない。

 

 


以下、ダメなところ


初代を完全に無視した仕様
シーマスターの名前を使う必要はなかった。
初代4号機シーマスターとは似ても似つかぬもの。
シーマスターのどこがウケたかとかまるで理解していない。
Aタイプで焼き増しの方がまだよかった。

 

通常時が作業
ホントに作業。苦痛。

 

当たる!増えない!
「当たりやすくて、うれSEA」というフレーズである。
決して楽しいとか増えるとは言っていないところがミソ。

 

レア役高確
最初はエンターライズのバイオ5だろうか。(あくまで公言として)
リール配列も適当なので液晶上で好き勝手やってます感がひどい。

 

自社プレミアムの押し売り
盛大にコケた押忍!団長のアイツらが出てくる。
もちろん、ケロット柄と言う呪われし図柄にも執着。信頼率が上がったと称しちょいちょい出てくる。
もはや信頼がないのは柄ではなくメーカーそのものである。

 

もう一回打ちたくならない
どんな台だっけとお思いの方はスマホアプリからお試し版が転がってるので試すと良い。
その気分は試遊で沈下する。つまり機械割100%を打ったも同然。

 

 

 

 

ちなみに、機種のサブタイトルにはプレリュードとあるが現時点でシリーズは放置されており次回作は出ていない。

要はB級以下のものを示す

糞台は、映画で考えると分かりやすい。

効果音と演出に期待しちゃいけない。
いいとこどりのPVに期待しちゃいけない。
結末に期待しちゃいけない。
作り手に期待しちゃいけない。
時間効率と投資対効果を期待しちゃいけない。
史上に一定の評価が残る事も期待しちゃいけない。
全米が震撼No.1と一緒で自称する数値を期待しちゃいけない。

 

 

かといって。

 

 

 

 

 

f:id:boboon:20170810190712j:plain

こういう出落ち感のすごいのもどうかと思うが。
Amazonでは平均☆評価1)